千葉の太東、志田、東浪見、一宮の一流サーフブレイク危機。



緊急告知です!


20代の頃よくサーフィン楽しんだり、大会で訪れたりしたこの辺り

千葉の太東、志田、東浪見、一宮のサーフブレイクといえば

どこを採っても、一流のブレイクばかり


いまこの辺り一帯の沖にヘッドランド(人口岬)工法いう、定間隔でTバーを造る計画があるのです。

しかも水面下で、その土地で育った人々を無視した形の住民説明会も一切無しで・・・

ありえないでしょう。




いろいろなサーファーのブログで知ってはいましたが・・・

いちサーファーという波友 赤井 得士さん からのメールと

マナさんから聞いたという 潤ちゃんのブログがきっかけで

この問題を一人でも多くの方に知って、賛同して頂きたく掲載しました。

まずは、「説明会があるまで、工事を一時中止。」という署名のご協力をお願いします。

↓ 署名・詳細はこちらから ↓

http://www.ikaigan.com/


このままでは、現在のすばらしい波は確実消えてしまいます。

この工法で消滅してしまった 数々のA級サーフブレイクを私達は見てきました。

一基 Tバーを造るとその隣りの砂が削られてしまったりと、まさに波止めが効きません。

同じ莫大な税金を掛けるなら、消波ブロックではない違う形の養浜とか他に方法はないのでしょうか?

たとえば砂を入れるとか? (砂がマッチする相性があるみたいですが)

あくまでも自然な形で! 

スミマセン。 ついつい私的思考になってしまいました!



Think globally act locally !! (地球的規模で考えて、地域的に行動する。)



鎌倉もそうですが、できるだけ自然な海のまま後世に伝えていきたいものです。



まずは「説明会の開催を!」の署名のご協力をお願いします!



Keep surfing !!
[PR]
by surfreenjoy | 2010-02-11 12:08 | SURFING


<< トマトタンメン @ 李園 本牧 初物のワカメ >>